プラス心臓病

発作の進行を抑える薬物治療

発作の進行を抑える薬物治療
薬物治療

虚血性の心臓疾患で薬物療法がおこなわれる場合には、狭心症から心筋梗塞や他の合併症への進行を未然に食い止める、という目的と、発作を抑えて症状による緊急事態を予防する、という2つの目的があります。
この2つの目的には、QOLの維持と、辛い症状を少しでも抑える事で心臓が正常に機能できなくなっている根本的な原因の治療をより効果的に進めるという目的もあります。
心臓の病気ときちんと向き合うためにも、生活の質を落とさずに治療を行うことは、しっかりと治療に取り組むうえでも重要な事なのです。


狭心症

硝酸薬

血管を広げ、血流を改善する働きがあるクスリです。一般的に「硝酸薬」と呼ばれている物には、発作が起きた時に使う「ニトログリセリン」タイプと、発作が起こらないように予防する「硝酸イソソルビド」タイプがあります。
どちらも血流を良くする薬ですが、発作を予防するタイプは、長期間にわたり使用し続けるうちに体が慣れてしまう為、一定期間連続使用したらくすりの種類を変更する事もあります。


β遮断薬

不整脈の治療にも使われるクスリで、主に心臓の負担を減らす目的で使われます。
このクスを服用すると、交感神経に作用して心筋の興奮を抑え心拍が早くならないよう働きかけます。
狭心症や不整脈の発作が起こりやすい労作時の発作を予防するには大変有効ですが、血管の拡張作用はあまり強くないのが特徴です。そのため、症状が進行している場合には、硝酸薬やカルシウム拮抗薬などと一緒に使うように指示されるケースもあります。


カルシウム拮抗薬

カルシウムは、血管壁から吸収されると血管自体を収縮させる作用があります。そのため、このカルシウムが血管壁の細胞に吸収されるのを阻害する作用がある「カルシウム拮抗薬」を使う事で、血管の収縮を抑える事が出来ます。
そのため、末梢血管の血圧が下がり心臓の負担を減らすことが出来ます。


抗血小板薬

頭痛薬等にも使われるアスピリンも血栓を防ぐために使われるくすりの一つです。血小板に働きかけるのが特徴ですが、カテーテル治療の際に使用されるチクロピチンには肝臓に影響を与えてしまう副作用が現れる事があるため、医師の指示に従った使用方法を守ることが大切です。


心筋梗塞

抗凝固剤

抗血小板薬と同じように血栓が作られるのを防ぐ目的で使用されます。
狭心症の進行が進んでしまい心筋梗塞の可能性が高い場合やペースメーカーの手術前の処置として処方されることもあります。
代表的なものにはワルファリンがありますが、これには相性の悪い食べ物があります。また、人によって服用し始めてからその効果が現れるまでにある程度の時間がかかることもわかっています。そのため、医師の観察の元しっかりとした治療方針を決めていく必要があります。


ACE阻害
高コレステロール

メタボリックシンドロームや糖尿病の治療にも使われる事もあるクスリで、血圧を下げる働きがあるのがACE、血中コレステロール値を下げるのが高コレステロール薬です。
生活習慣病の危険因子の中でも、高血圧やコレステロールは心臓に大きな負担をかける事になります。そこで、これらのくすりを使い心臓病の予防と再発防止効果を狙う目的があります。
また、心不全の予防や改善、心筋や血管の状態を改善する効果もあります。その為、インターベンションやバイパス手術等を行った後のリハビリ時にも使われます。



PLUS