プラス心臓病

冠動脈インターベンション(カテーテル)

冠動脈インターベンション(カテーテル)
冠動脈インターベンション,カテーテル

「冠動脈インターベンション」は、カテーテルを使った心臓疾患の治療方法です。元々心臓の病気には、冠動脈インターベンション以外でも「心臓カテーテル検査」が一般的な検査方法として活用されています。
この治療は、バイパス手術のように体に大きな負担をかけず、色々な方法で症状を起こしている原因に対してアプローチする事が出来る画期的な治療方法です。
また、泌尿器系疾患の「尿管カテーテル」脳疾患の「脳カテーテル」、その他にも腎不全や肝不全などの他の病気にも、カテーテル治療は広く活用されています。


冠動脈インターベンションとは

仕組み

血管の狭窄・梗塞のため狭心症、心筋梗塞、動脈硬化が起こっている部分の血流を早急に改善するのが目的です。
初めに、腕や太ももの付け根の動脈から冠動脈まで細いカテーテルチューブを通します。
チューブの中には、狭窄部分を通り滑るためのガイドワイヤーが入っていて、そのガイドを通してバルーン、ステント、ロタブレイターなどの器具を狭窄部分に送り込めるようになっています。
血流を改善する為の方法は、狭窄・梗塞の原因や症状、状態によって使い分けられています。

利点

インターベンション治療には、バルーンやステント等色々な方法があります。それぞれに利点と欠点がありますが、開胸手術を行うバイパス手術程体に負けず滞ってしまった狭窄・梗塞部分の血流を改善する事が出来るというのが最も大きな利点と言えます。
また、局部麻酔によって行われ、傷口は数ミリ〜数センチと小さくて済むため、手術時間も短い場合では数十分、長くても2〜3時間以内には終了します。手術後の回復も早く、術後の平均的な入院期間は2〜3日程度です。

主な治療方法の種類と特徴

バルーン

狭窄部分に空気を入れて大きさを変えられるバルーンを挿入し、血管を塞いでいる粥腫や血栓を押し広げる方法です。モニターで血管と血流の状態をみながら数回バルーンを膨らませたりすぼめたりを繰り返します。狭窄している部分の血管がしっかり拡張した事を確認したら、バルーンを収容します。
粥腫を押し広げているだけなので、術後数カ月の間に再び同じ場所が狭窄してしまうケースもあります。そのため、定期的な検査を行い、再び共作した場合には「カッティングバルーン」等を使った再手術が必要となります。


ステント

細い金網でできた筒状のステントをバルーンにかぶせた状態で挿入し、狭窄・梗塞部位まで挿します。血流が滞っている部分でバルーンを広げ拡張させるのはバルーン療法と同じですが、ステントは拡張した血管をそのままの状態に保っておくため、血管内に取り残されます。ステントを残す事で、血管を拡張させた状態を金網で固定して再び共作が起こるのを防ぐことができます。
しかし、まれに金網の内側に血栓が出来てかたまってしまうケースもあります。


DCA

DACは、方向性冠動脈粥腫切除という治療方法で、狭窄・梗塞が起こっている部分の血栓もしくは粥腫を回転させることが出来る特殊な刃で削り取ります。切り取られた粥腫は、カテーテルの中に回収して体内から取り除かれます。血管内に異物が残らないので、他の場所で血栓や粥腫が再び詰まる可能性はありません。


ロタブレイター

血管内を塞いでいる粥腫を細かく削って血液中に流す方法です。動脈硬化がある程度進行してしまうと、血管の内側に石灰質が付着し血管壁自体も硬化してしまいます。そのため、バルーンやステントでは血管を拡張させることが出来ません。その為、削り取るロタブレイターやDCAでの治療が必要となるケースがあります。



PLUS