プラス心臓病

心肥大・高血圧性心臓病

心肥大・高血圧性心臓病
心肥大,高血圧性心臓病

高血圧症心臓疾患は、高血圧の状態が続く事で心臓や血管に何らかのトラブルが起こって病気の症状が現れるものです。
そして心肥大とは、高血圧性心疾患の一つで、心筋が分厚くなってしまう疾患です。
心肥大になると不整脈や心不全の原因となりますし、その逆で不整脈や狭心症の症状が進行して心肥大の原因ともなります。
健康診断などの胸部エックス線検査で心陰影が大きく映り、高血圧や狭心症、不整脈などの心疾患の可能性が高いと判断された場合は病院で心電図や心エコーなどの精密検査を受けましょう。


心肥大とは

症状

心臓が休みなく血液を送り出しているポンプ機能に負担がかかって心筋が分厚くなる事が原因で、心臓自体が正常に機能しなくなる疾患です。
実際には心室中壁が分厚くなるため左心室が肥大して収縮する力が弱まります。そのため血液循環が滞り、肝不全を引き起こす可能性もあります。
息切れや呼吸困難、動悸、疲れやすい、むくみ(浮腫)うっ血といった症状がみられ、進行すると重度のうっ血性心不全を引き起こします。状態に合わせて薬による治療や心臓移植等の治療が行われますが、完全な治療は難しい疾患です。

原因

通常、大人の握り拳程度の大きさですが、高血圧や動脈硬化といった血管障害や心膜炎、不整脈などの心臓の機能障害があると心臓の負担が大きくなります。負荷がかかった状態で心臓はポンプ運動を続けることは、重りをつけて日常生活を送る筋トレをしているようなものです。そのため、心筋に筋肉が付き、段々分厚くなってしまうのです。
若くて元気な状態なら筋トレを毎日続けたとしても大丈夫かもしれませんが、休みなく続けていれば疲れて弱ってしまいます。そのため心臓は正常に機能しなくなってしまうのです。

心肥大・心拡大の違い

心臓が通常より大きくなってしまう疾患には、「心肥大(心臓肥大)」「心拡大」と呼ばれるものがありますが、この2つは全く別の状態を表しています。
心拡大は、心臓が大きくなっている事を意味しますが心筋が分厚くなっているとは限りません。逆に心肥大とは、何らかの原因で心筋が不厚くなっている状態です。
エックス線検査で肥大した心臓が確認されても心肥大であるかどうかは、心電図もしくは心エコー検査を行わなければ明確に判断する事はできません。

高血圧性心臓病

高血圧性心臓病とは

高血圧性心臓病とは、高血圧状態が引き金となって引き起こされる心臓の病気を総称したものです。高血圧が原因となる病気の合併症でもあり、高血圧性心疾患とも呼ばれます。
高血圧だけでも心臓疾患や血管障害の原因となりますが、長期間続くと動脈硬化を引き起こし、さらなる合併症の危険因子となります。

症状・原因

高血圧性心疾患に共通してみられる症状は、動悸、息切れ、疲れやすい、足のむくみ、胸痛等があります。これは、高血圧によって心臓のポンプ機能に支障が出るため血液循環が上手くいかなり何かしらの心疾患になったことが原因です。
そのため治療を行う際には、高血圧の原因を取り除き、並行して引き起こされた心疾患の治療を行う必要があります。また、再発予防のために生活習慣の改善は絶対に欠かせません。


PLUS