プラス心臓病

心不全の検査と治療

心不全の検査と治療
心不全,検査,治療

軽度の心不全は、むくみや夜間頻尿など他の疾患でもみられるような自覚症状である事が多い為、早期段階で発見されずに治療が遅れてしまうケースも少なくありません。
狭心症や不整脈などの心疾患がある場合には、心不全になる可能性が高い為定期的に検査を受ける事が重要です。
また、心臓・血管障害の原因となる動脈硬化は、もっと一般的な高血圧やメタボ、糖尿病といった生活習慣病がある事で急速に進行してしまう可能性が高いものです。
心不全の検査・治療後には、再発防止のためにも生活習慣の改善を心がけましょう。


検査方法

検査の目的

心不全は疾患ではなく、心臓の機能が低下した状態を表すものです。そのため、どんな心疾患を抱えているか、弁の働き、信号の伝達状況といった心臓の機能状態によっても発作から心不全を起こすきっかけが違ってきます。
特に急性心筋梗塞による心不全は危険度が高い為、心筋梗塞やそれにつながる不整脈、動脈硬化、心臓弁の機能不全等を把握しておくことは重要です。また、ほとんどの場合こういった原因因子が2つ以上重なって心不全の発作が起こります。
そのため、心不全につながる要因をきっちりと把握して心不全を防ぐことが検査の最大の目的と言えます。

基本検査

基本的な検査では、血液、胸部エックス線、心電図、超音波(エコー)が行われます。心臓肥大や血中の成分を調べることは、他の疾患を見つけるためにも重要な検査です。
また、心音の乱れから不整脈や狭心症、血液の逆流音などから心臓の弁に異常が無いかを確認した足や背中等にむくみが見られないかを触診・視診で確認します。
心不全が起こっている場合には、基本検査の段階で胸水や腹水があるかどうか、この段階である程度診断される事もあります。

精密検査

基本検査で心不全を起こした可能性が高い事がわかると、治療を始める前に精密検査によって心臓の状態をさらに詳しく調べる必要があります。
精密検査では、カテーテルでラジオアイソトープを静脈に注入し、それをエックス線撮影する事で弁や冠動脈の異常、心不全の重症度を判断する「心臓核医学検査」が行われます。また、MRIでは、心臓の状態だけでなく肝不全等の合併症や不整脈等、他の疾患の有無についても調べる事が出来ます。

治療方法

薬物治療

薬を使う心不全の治療は、心不全の症状の改善や心臓機能の回復が目的です。その為薬物療法は長期間薬の服用が必要となります。
また、他の疾患や合併症がある場合、さらに心不全の状態を悪化させる可能性もあるため、疾患の治療を先に始めるのが一般的です。合併症や他の病気が原因になっている場合で、心不全の状態が軽度の人の中には、その疾患の治療をするだけで心不全の祖湯情が改善される事もあります。
それぞれ効き目が強いものが多く、副作用がある場合もあるので必ず医師の指示に従って服用しましょう。

手術・非薬物治療

心不全によって心臓から送り出される血液が不安定になっていたり、心房細動、脚ブロック等、電気刺激が効果的な疾患には、電気除細動を与えて状態を観察します。しかし、この治療方法は、一日一回行う必要があります。
特に頻繁に医師に状態を見せるという点では良いかも仕入れませんが、こういった特殊治療と薬を併用してより効果的です。
また、重症度や合併している他の疾患の徐湯体によってはペースメーカーを埋め込む必要があります。


PLUS