プラス心臓病

心不全

心不全とは
心不全

心不全は、心臓の機能が著しく低下して、体が必要とする血液を送れなくなった状態です。ですから、心筋梗塞や狭心症、心臓肥大、拡張型心筋症、心臓肥大などの心臓病は直接的な原因となり状態が悪化すれば最終的に行きつく所は心不全です。
心不全は「胸水貯留」「足のむくみ(浮腫)」「疲れ」「うっ血」といった症状が表れます。これは、血液を送りだす力が弱って静脈の血圧が上がり、全身の血液循環が滞るのが原因です。
しかし正しい治療を行えば、生活の質を落とさずに付き合う事も治癒する事も不可能ではありません。


心不全とはこんな病気

知らないうちに起きているかも…

突然心臓機能が低下して激しい胸痛に襲われたり失神した場合「急性心不全」と呼ばれることもあります。
しかし心不全は、心疾患や血管障害など何らかの心臓に関するトラブルを抱えている人に起こりやすい状態です。
自覚症状のないまま、ある程度長期間かけて段々と心臓の機能が低下する事が多く、心疾患と診断された事が無くても実は心不全を起こしているという人は多いのです。
段々と状態が悪化し、うっ血や浮腫(むくみ)等の症状が現れて心不全に気が付くといった慢性的な状態の場合「うっ血性心不全」といいます。

症状

主な症状は、足のむくみ、息切れ、疲れやすい、咳、等ですが他の疾患でもみられるものが多くあります。
左心側のポンプ機能に心不全が起こると、血液を送り出す機能が低下する為肺うっ血から、呼吸困難やぜんそく、胸水貯留、浮腫、血の混じった痰といった症状が表れます。反対に右心側の場合、静脈圧が高くなって肝臓が肥大し、むくみや体重の増加などが現れやすいのが特徴です。また、日中上手く排出できなかった血液中の余分な水分が体を横にしている間に排出されるため、夜間頻尿が現れるのも特徴的な症状です。

心不全と上手に付き合うために…

こんな人は要注意!

健康な人でも年齢とともに心臓機能は低下していきますので、50代以降の年齢になるとある程度リスクが高くなるともいえます。
しかし、たばこや不規則で偏った生活習慣等心臓の機能を低下させる生活習慣を長年送っていた人は、年齢に関わらず心不全を起こしやすいのです。これには、糖尿病、メタボ、高血圧、高コレステロール、高脂血症などの人が当てはまります。
また、狭心症や心筋梗塞等の心疾患既往歴がある人は、さらにリスクが高いのできちんと治療と検査を続けて自己管理を行いましょう。

関連のある疾患

心不全を起こすと、心臓以外の器官や臓器にも影響が表れます。また、心臓が受けた損傷の程度にもよりますが、特に心房細動や脚ブロック等の不整脈を合併している場合には再発の可能性が高くなるため注意が必要です。
また、弁の異常や心筋梗塞等血栓ができやすいタイプの心疾患も脳梗塞や肺梗塞等につながりやすい事がわかっています。
そのため、一つでもリスクを抱えている場合には、定期的に検査を受けたりセルフチェックで体調の変化を記録するなど、予防対策を行っておくと良いでしょう。


PLUS