プラス心臓病

動脈硬化

動脈硬化とは
動脈硬化

動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞の直接の原因となる血管障害です。血管も体同様、年齢と共に老化して硬く弾力を失った状態になります。しかし、この病気の原因は年齢だけとは限りません。むしろ食事や運動といった生活習慣内に要因があれば年齢に関係なく発症します。
また、動脈硬化自体には自覚症状などの症状がありません。そのため、この病気の進行に気付かず、狭心症や心筋梗塞の発作症状が出て初めて動脈硬化になっていた事に気付く人も少なくありません。
重大疾患に繋がる治療する為には、早期発見が重要です。


血管がもろくなる動脈硬化

原因は年齢だけじゃない

血管は三重構造になっており、血量の変化に合わせて伸び縮みできるように弾力性があります。
その一番内側は、健康な状態であれば血液がスムーズに通れるように滑らかになっていますが、高血圧や高脂血症、高コレステロールといった状態になると内皮細胞に異常が起きやすくなります。ですから、生活習慣病や糖尿病メタボリックシンドロームと診断された人は、動脈硬化を起こしやすい状態ということになります。
また、ストレスや喫煙、特定の微生物に対しても血管は炎症などの異常を起こしやすい事がわかっています。

動脈硬化が起こるメカニズム

血管の内皮に異常が起きると、凹凸ができたり小さな傷ができやすくなり、その傷口からコレステロールなどが血管壁内に入り込みます。血管内に異物が侵入すると、その部分では炎症が起こり粥腫というコブを作ってしまいます。
瘤は薄い膜で覆われ傷口は塞がれますが、この膜がまた破けると瘤の中身が血管内に流れ出し、末梢血管を塞いでしまいます。
さらに流れ出した内容物は血液中の血小板や赤血球とくっついて固まってしまいます。これが大きくなると血管を塞ぎ、血流を悪化させたり梗塞を起こす原因となります。

発症しやすい場所

動脈硬化は、全身のどの場所でも同じように発症するわけではない事がわかっています。
心臓や脳と言った重要機関の血管で最も異常が起こりやすい事が分かっていますが、その原因についてはハッキリと解明されていません。
また、足や足の先など心臓から最も遠い場所も動脈硬化が起こりやすい場所です。
足先を含む下肢で起こると「閉塞性動脈硬化症」と呼ばれ、発症してから長期間放置してしまうと下肢の壊死につながる事もあります。

動脈硬化と関連疾患

動脈硬化の種類

動脈硬化には、その発症場所や原因によっていくつかの種類に分類されています。
メタボリック症候群や高脂血症などが大きな要因となるタイプは、アテローム動脈硬化症と呼ばれ、最も発症率が多いものです。
さらに下肢に伸びている比較的大きな動脈で発症するタイプは閉塞性動脈硬化と呼ばれ、足先が冷たくなったりしびれたりという自覚症状が現れることもあります。
また、老化に伴い血管が硬く脆くなるタイプは、細動脈硬化と呼ばれます。

動脈硬化が原因となる心疾患

動脈硬化は、他の器官と連携して大変重要な役割を担っている心臓や脳といった重要な場所で起こりやすい疾患です。こういった場所で血流障害が起こると、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞等の原因になります。その為、未然に予防したり再発を防ぐためには、生活習慣の改善が欠かせません。
また、一度でも病院や健康診断で動脈硬化だと診断されたば場合、自分自身で体調管理を行うことも重要です、毎日血圧を測定したり、自宅でできる動脈硬化のチェックキッドを使ってみるのもおすすめです。


PLUS