プラス心臓病

心筋梗塞

心筋梗塞とは
心筋梗塞

心筋梗塞は、狭心症と同じように冠動脈で起こる心臓の血管障害です。狭心症より激しく長く続く胸痛と動悸や呼吸困難の症状が現れるのが特徴で、狭心症発作が前兆となることも多くあります。
実際に心筋梗塞の発作が起きると、自分では対処できない緊急事態に陥っていることも珍しくありません。また、動脈硬化やメタボの人が重篤な発作を起こすというケースも増えています。そのため、虚血性心疾患や不整脈等だけでなく生活習慣病既往歴がある人は普段から周りの人に発作が起きた時の対処を伝えておくとよいでしょう。


心筋梗塞とは

特徴

心筋梗塞とは冠動脈内で血管が詰まり、酸素・栄養の供給がストップされた部分の心筋が壊死する事で発作が起きる心臓の病気です。
血管が詰まる事を「梗塞」といい、梗塞が心筋周辺の血管で起こる為「心筋梗塞」と呼ばれます。脳周辺の血管で起こる梗塞は「脳梗塞」となります。
また、高脂血症や高コレステロール状態になっていると、血管内に粥腫ができやすく血液の流れを塞ぐ原因となります。その為、メタボリックシンドロームや生活習慣病の人は、発作を起こした事がなくても”心筋梗塞予備軍”ともいえます。

狭心症が進行すると心筋梗塞になる?

狭心症の状態が進行して引き起こされることが多いのは事実ですが、全てのケースではありません。心筋梗塞になりやすいのは労作時狭心症です。その中でも特に粥腫を覆う膜が破れやすい「不安定型」の場合には特に注意が必要です。破れて流れ出た粥腫が固まった血栓が、他の場所でいきなり詰まってしまい突然発作を起こす事もあるからです。
健康な状態なら、血栓が出来ても血液中を流されていずれ老廃物として排出されますが、動脈硬化があると血管が細くなっていたり内壁が滑らかでなく詰まりやすいのです。

心不全・不整脈

塞いだ血管が細い血管であれば、ダメージを受ける心筋の範囲も小さくてすみます。しかし、太い血管で血流が途絶えると広い範囲の心筋がダメージを受け、心臓自体が正常に機能できなくなってしまいます。心臓機能が急激に低下すると心不全を引き起こし、短時間で危険な状態になります。
また、細い血管に詰まりが起きた場合でも心臓肥大や不整脈がある場合、合併症を引き起こして重大な事態を招くケースもあります。

原因と症状

血栓が血管をふさぐ

血液中には、傷口があると血液を固めて塞ぐ役割の血小板があります。血管内にできた傷もこの血小板によって塞がれますが、血管壁内にできた粥腫の中身が血液中に流れ出すと、血小板の作用により固まって血栓となってしまいます。この血栓が血管の細くなっている部分で詰まってしまう事で血流が途絶えることが、大きな原因の一つです。
また、徐々に大きく成長した粥腫が血管を塞ぐ事が原因になっている場合には、心筋梗塞の発作が現れる前に血流が悪くなる事で狭心症の発作が表れます。

症状

最も分かりやすい症状は、胸の激しい痛みです。このまま倒れて二度と意識が戻らないのでは…という危機感に襲われる人も多いのが特徴です。実際に失神するケースも多く見られます。
また、狭心症の発作では通常15分程度、長くても20分以内には発作が治まりますが、それ以上長い時間発作が続いた場合心筋が大きなダメージを受けていると考えられます。
不安になるほどの痛みがない場合でも、胸痛・動悸・冷や汗・呼吸困難等の症状が現れ、15分以上安静にしていても治まらない場合には、直ちに病院へ運んでください。


PLUS