プラス心臓病

狭心症の検査と治療

狭心症の検査と治療
狭心症,検査,治療

狭心症は、心電図やエックス線検査等で血管や心臓の状態や大きさ等を調べて発作が起こる可能性があるかどうか等を判断します。また、カテーテルを使った検査では、同時に狭窄部分を広げる治療を行う場合もあります。
狭心症の胸の痛みや動悸といった発作には前兆のようなものがありません。しかし、原因を作り出す動脈硬化やメタボリック症候群の検査をおこなうことで予防をすることは可能です。日常生活の中でできる検査やチェック方法もあるので、早めに治療や対策がとれるようにしておきたいですね。


検査方法

検査の流れ

胸痛や狭心症の発作が現れた場合には、まず循環器科もしくは循環器内科を受診して検査を行います。
発作が治まっている状態であれば、発作時の状況やどんな時に症状が現れるか、他に自覚症状がないか、生活習慣等を問診で説明します。問診によって、どのタイプの狭心症なのか心筋梗塞の疑いはないか等を考慮して基本検査に移ります。
基本検査で精密検査が必要な状態だと判断された場合には、CTスキャンやMRI検査、心臓カテーテル検査等が行われます。

基本検査

基本検査では、血圧測定や血液検査の他に心電図やエックス線、超音波検査等が行われます。血圧や血液検査では、高血圧や心筋梗塞でみられる成分の有無を調べます。
また、心電図では安静時と運動負荷時の心電図を測定し波形の変化をみます。これによって狭心症だけでなく・不整脈や心肥大等の心臓病の有無も確認できます。
さらにエックス線検査・エコー検査では、心臓の形や大きさを画像として見る事が出来るので心肥大や動脈硬化の程度、心筋や弁の状態を調べます。

精密検査

CT検査は、冠動脈にある狭窄部分の状態や血液・血管の状態を断面映像として確認する事が出来る検査です。この検査は心電図を取りながら行うことができ、ます。また、磁気を使ったMRI検査は、心肥大や心筋梗塞による心筋の厚さや異変を明確に見る事が出来ます。
さらにRI検査と呼ばれるラジオアイソトープを使った血流やポンプ機能を調べる精密検査や、太ももや腕からカテーテルを挿入して血管・心臓の状態を直接確認する冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)等もあります。

治療方法

治療の流れ

狭心症の治療は、抗狭心症薬を使った治療による発作の再発予防から始まります。ニトログリセリン等の硝酸薬によって血管の狭窄部分を広げ、血流の状態を改善する事で症状を改善します。さらに、再発予防と冠れん縮性狭心症の既往歴や関連疾患がある場合にはカルシウム拮抗薬等の他の薬物治療を併用した治療と生活習慣の改善治療が行われます。
薬による治療で症状が改善されない場合には、冠動脈インターベンションと呼ばれるカテーテルを使った狭窄部分を広げる治療が行われます。

薬による治療方法

硝酸薬は血管を拡張させる働きのある薬です。口腔内の粘膜から吸収させるため、舌の下に挟んでなめて溶かすか、噛み砕いてから溶かします。唾液の分泌が十分でない人の場合には、錠剤ではなくスプレータイプの硝酸薬を使い、口にしばらく含んで吸収させます。
これらの薬物治療は症状の改善が主な目的なので、発作が治まったら再発予防の為にβ遮断薬、カルシウ拮抗薬、持続性硝酸薬、抗血小板薬、高脂血症治療薬等を状態に合わせて使用します。

外科治療(経皮的治療・非薬物治療)

狭心症の外科的治療では、緊急性の高い心筋梗塞で行われるようなバイパス手術などではなく、体に負担の少ない冠動脈インターベンションというカテーテルを使って血管を広げる治療が行われます。
心臓カテーテル検査と同じようにカテーテルを挿入し、血管の狭窄部分を広げるものです。広げるための方法には色々な種類があり、バルーンやステントを使うタイプ、動脈内の粥腫を削り取るDCAタイプ、動脈硬化部分を細かく砕いて流すロタブレータータイプがあります。


PLUS