プラス心臓病

狭心症

狭心症とは
狭心症

狭心症は、冠動脈で起こる血管障害が引き起こす代表的な虚血性心疾患の一つです。心臓病全体から見ても、虚血性心疾患の狭心症と心筋梗塞の割合がその大半を占めています。
狭心症は2つに分類でき、肥満や高脂血症、メタボが引き起こす動脈硬化が最も大きな原因となる労作時狭心症、血管が痙攣する事で発作が起こる安静時狭心症があります。
自分では気が付かないうちに症状が進行しますが、初期段階で短時間の胸痛や動悸があったらすぐに病院で検査を受け手術等の治療を受ければ状態を改善することが出来ます。


“労作時狭心症”とは

特徴

労作時狭心症は、心臓がより多くの酸素を必要とする状況に起こるのが特徴です。階段を上る、坂道を登る、運動している時もしくは直後などの「労作時」に発作が起こりやすいのでこう呼ばれています。
発作が続く時間は短く、しばらく安静にしているとほとんどの場合5分程度で症状は治まります。
さらに、粥腫が膜に覆われて壊れにくい安定性と粥腫がはがれて血栓になりやすい不安定性の2タイプがあります。不安定性狭心症ははがれた粥腫が違う場所で詰まり完全に血管を塞いでしまうと心筋梗塞を引き起こします。

原因

体を動かすと、心臓は体が必要とする量の血液を送り出そうと活動量を増やします。すると、心臓も酸素や栄養をより多く必要とする状況になります。しかし、冠動脈が狭くなっているため心臓には必要な血液が循環せず、酸欠状態になり発作が起きるという仕組みです。
冠動脈が狭くなるのは、主に粥腫が血管内にできて血液の通りを悪くするからです。この粥腫は、血管内に何らかの理由で小さな傷が出来た時、血液中のコレステロールが傷口から血管の壁内に侵入して炎症を起こし硬くなると傷つきやすくなります。つまり、動脈硬化が労作時狭心症の大きな原因になっているのです。

症状

階段を上ったり走ったりした時に、胸の痛みとともに動悸や息切れ、冷や汗等の症状があれば狭心症のサインである可能性が非常に高いといえます。特に”労作時狭心症”の場合、体を動かさずに安静にしていると心臓の活動量も減って徐々に発作はおさまる事が特徴で、それ以上長い時間痛みが続くようであれば心筋梗塞の疑いが出てきます。
また、放散痛と呼ばれる広い範囲に現れる痛みが胸以外の場所で起こるのも特徴的な症状の一つです。
胸痛と放散痛が同時に起こることもあり、圧迫感や不安感が増すケースもあります。

“安静時狭心症”とは

特徴

体が特により多くの酸素を必要としていない状況で、心臓の活動量が多くないのにも関わらず心臓への血液の供給が足りなくなる事で起こるのが特徴です。
血管が何らかの原因で「冠れん縮」と呼ばれる痙攣をおこし、血液が正常に循環出来なくなります。
温かい部屋から急に寒い場所へ出た時や、睡眠中の交感神経が緊張しやすい時間帯に起こる事が多くみられます。
労作時狭心症に比べ発作が続く時間が長く、痛みがなくなるまで5〜15分程度かかることもあります。

原因

冠動脈の一部分が痙攣をおこし、痙攣している部分が一時的に収縮して狭くなってしまうことが原因です。この痙攣は、交感神経が一時的に緊張して血管を収縮させてしまう状態です。
このタイプは、血管で動脈硬化が起こっていない人でも見られます。また、睡眠中は明け方や深夜など安静時に多くみられますが、長時間体を冷やす環境にいたり、朝食後等にも発作が現れる事があります。

症状

症状は胸痛、動悸、息切れ、放散痛、圧迫感、冷や汗など、労作時狭心症でみられるものとの大きな違いはありません。
しかし、症状が現れる状況や環境が全く違うので、発作が起きた時の状況から自分でもどちらのタイプなのか判断しやすいかもしれません。
軽い発作が頻繁に起きるようになったり、運動時にも安静時にも起こるようになると、状態が悪化している可能性が高いので、直ちに病院で検査を受ける事が重要です。


PLUS