プラス心臓病

狭心症・心筋梗塞の危険度は?

狭心症・心筋梗塞の危険度は?
狭心症,心筋梗塞

心臓病は、ガンに続いて日本人にとって危険度の高い疾患だと言われています。特に、狭心症や心筋梗塞は、メタボリックシンドロームや隠れ肥満など生活習慣が原因で動脈硬化の状態が徐々に悪化し、突然発作が起こるケースも増えています。
現代人の生活習慣には知らず知らずのうちに動脈硬化を進行させ、心臓疾患の症状を引き起こすリスクが沢山潜んでいます。
病院で検査をするのはちょっと面倒でも、セルフチェック位なら簡単に生活習慣を振り返り、心臓・血管が出す前兆に気が付けば予防に繋げる事が出来ます。


狭心症・心筋梗塞の可能性は…?

狭心症とは

狭心症は、心臓に必要な酸素や栄養を運ぶための冠動脈が狭くなり、血液が通りにくくなる事で起こるのが特徴です。完全に血管がふさがっているわけではないので、一時的に心筋へ血液が供給されなくなるという状態です。
動脈硬化による血管内の炎症が主な狭心症の原因で、酸化して血管内に付着したコレステロールやクラミジアなどが炎症を引き起こす引き金となることも多くあります。
さらに、狭心症をそのまま放置しておくと心筋梗塞につながる可能性が高く、前兆であるともいえます。

心筋梗塞とは

冠動脈が完全に塞がってしまう、もしくはほとんど血液が流れない程に血管が狭くなることで起こります。この状態になると、心筋は血液が供給されなくなりその部分が壊死してしまいます。この状態を放っておくと命に関わる状態になってしまうことも珍しくありません。
また、心筋梗塞を起こした人のうち半数近くが、狭心症だと診断された事がある、もしくは狭心症になっている人です。

危険因子チェック

当てはまるものが多くれば多いほど、狭心症・心筋梗塞のリスクは高くなります。

  • 肥満
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • メタボ(メタボリックシンドローム)
  • 糖尿病
  • ストレス
  • 運動不足

こんな生活習慣ありませんか?

自分の生活習慣が下記のチェックリストに当てはまる人は要注意!
動脈硬化の危険性を高め、心臓へ負担がかかり狭心症や心筋梗塞のリスクを高めます。

セルフチェック

  • 魚より肉を好んで食べる
  • テレビや本を読みながら食事をすることが多い
  • 一回の食事の量が多目
  • 濃い味付けの料理が好き
  • 和食より洋食を食べる回数が多い
  • 自分で料理をしない
  • 野菜や豆類はあまり食べていない
  • 甘いものが好き
  • ケーキや菓子パンを良く食べる
  • 食べるのが早い
  • 毎日仕事のスケジュールに追われている
  • 仕事はデスクワークや座ったまま、立ったままで、歩きまわることが少ない
  • 睡眠時間が短い
  • 同時にいくつもの事をするのが好き
  • 休日も仕事の事が気になる
  • たばこやおさけを習慣的にのんでいる
  • じっとしているのが苦手
  • 胸の奥の方に痛みを感じる事がある
  • 肩や顎、腕、みぞおち等広い範囲に、走る様な痛みを感じる事がある
  • 胸痛を感じた時、息苦しさや動悸を感じたり、冷や汗が出る

生活習慣の中に潜む動脈硬化

血管は年齢とともに硬く、詰まりやすい状態になります。これは誰にでも起こる現象ですが、血管が詰まりやすくなる動脈硬化の原因は加齢だけではありません。
精神的なストレスの他に、食べすぎやたばこなどの嗜好品の摂取、睡眠不足、運動不足も血管や心臓の負担となり動脈硬化が進行します。
ですから、動脈硬化の原因が多い生活習慣はそれだけ狭心症や心筋梗塞になるリスクが高い事になります。
特に食生活、運動、嗜好品の項目で当てはまるものが多いほど早急に改善する事をお勧めします。


PLUS