プラス心臓病

めまい・失神

めまい・失神
めまい,失神

めまいとは、体がフラッとしたり見えている景色がぐらついたりする現象で、三半規管が自分のバランスを正常に保てなくなった場合にも起こります。また、失神は意識が遠くなったり失ってしまう状態で、てんかんの発作やめまいが続いた後に起こる事もあります。
軽いめまいは、健康な人でも疲れや睡眠不足などで起こりますが、吐き気を伴ったり長く続いたり失神するまでになると、心筋梗塞や心不全などの心臓病や脳梗塞などの疾患が原因になっている可能性があります。


めまいが起こるのは…

眩暈とは

めまいの症状にはいくつかの特徴があり、その状態によって立ちくらみタイプ・回転タイプ・動揺タイプ・浮揚タイプに分けることが出来ます。
めまいが起こる原因は様々で、体の平衡感覚をつかさどる三半規管や脳の起こるトラブルや視力に関連する疾患、その症状から、原因や疾患を察する事もできますが明確に判断する事は難しいので「めまい外来」等を受診して検査を受ける事をお勧めします。

めまいのタイプと特徴

急に視界がなくなる

急に立ち上がったりのぼせたりすると起こることが多いタイプです。脳貧血の症状としても知られていて、目の前が真っ白になる場合と真っ暗になる場合があります。
普段から血圧が低めの人には、あまり珍しくない症状ですが、逆に高血圧や動脈硬化の既往歴がある人にこの症状が現れると急激な血圧の低下により脳梗塞を引き起こしている可能性があるので要注意です。


グルグル回転する

体の平衡感覚をコントロールしている三半規管や脳に炎症等のトラブルが起こると起きやすいタイプです。
中耳炎や難聴など鼻や耳に関する疾患が原因となっている場合が多いのですが、中には高血圧症や動脈硬化が原因で血管障害が起こり、平衡感覚器官にトラブルが起こっている場合もあります。


歩いていてもふらふらする

回転するタイプの眩暈が長期間頻繁に起こっていると、歩いている状態でも体が揺れているように感じる事があります。また、脳梗塞などの脳の血管障害が原因で平衡器官が正常に機能しなくなっている場合にも、このようなタイプの眩暈を感じる事があります。


心疾患と関連の深い眩暈

心筋梗塞や不整脈、心臓弁膜症、狭心症などの心疾患は、心臓から送りだされる血液の量が低下し、脳が必要とする酸素や栄養が不足するため、眩暈の症状によって疑うことのできる病気です。
不整脈の中には、めまいだけでなく失神したりそのまま意識が戻らなくなってしまうような重大な状態に陥りやすいものもあります。

知っておきたい失神の原因

失神とは

失神は、意識を失ってしまう状態の事で、自分で気が付かない程の短時間で失神していることもあります。心臓や脳に何らかのトラブルが起こることが原因で失神する事が多いので、症状が現れた場合には病院で何が原因で失神したのか調べる検査を受けましょう。
また、自分の意志とは関係なく意識がなくなるため、立っている状態で失神すると倒れて頭や体を打って二次的な怪我を負ってしまう事もあります。

失神が起こる疾患

心疾患が原因で眩暈を感じる場合、意識が一瞬だけ遠のいたりフラっとするような軽いめまいですむ事が多いのですが、心室頻拍や心室細動と言った不整脈が起こると失神し、命に関わる状態になるケースも少なくありません。
特に、めまいや失神とともに吐き気を感じたり実際に嘔吐したり、動悸や息切れ、胸痛等の症状を伴っている場合には、何らかの重大疾患のサインである可能性が高いので、早急に病院で検査を受けましょう。


PLUS