プラス心臓病

動悸・息切れ

動悸・息切れ
動悸,息切れ

動悸・息切れは、心臓疾患でみられる三大症状の一つです。
急に運動したり、緊張・興奮するような場面では脈拍を強く感じたり息切れやめまいを感じる事は珍しくありません。しかし、特に思い当たる原因もないままにこういった症状や痛みを感じたり、めまいやむくみ立ちくらみ等の症状が現れたら、心臓や血管にトラブルが起きているかも知れません。
普段健康に過ごしているつもりでも、狭心症や不整脈、心不全、動脈硬化、心臓肥大、心筋梗塞などの原因となるトラブルが知らないうちに起こっている可能性もあります。


知っておきたい「動悸」の症状

動悸とは

ドキドキと強く早い脈動を感じる「頻脈(ひんみゃく)」、逆に急に脈が遅くなったと感じる「徐脈(じょみゃく)」、脈が途切れたように感じる、脈拍が不規則になる「不整脈(ふせいみゃく)」は総称して”動悸”もしくは”不整脈”と呼ばれています。
不整脈や動悸には、心臓疾患や他の重大疾患に深い関わりのあるタイプと、慢性疲労、睡眠不足やストレスなどから引き起こされるタイプがあります。自覚症状だけで何が原因で不整脈が起こっているのかを判断する事は難しいのが現状です。

考えられる心臓の病気

不整脈や動悸は、疲れや睡眠不足が原因で一時的に起こることもありますが、心不全や狭心症などの心疾患の症状である可能性もあります。特に、胸の痛みや呼吸がしにくい等、他の症状も感じた場合には、動悸や不整脈が問題のあるタイプなのかどうか、検査を受けましょう。また、自覚症状では何も感じなくても、健康診断などで不整脈が見つかった場合には、自主的に心電図等の検査を受ける事をお勧めします。

心臓以外の病気の可能性も…

心疾患以外にも動悸の原因となる疾患は数多くあります。若年層にも多くみられるのは、ダイエットや何らかの疾患による栄養失調や貧血が原因で起こるものです。また、ストレスや疲労の蓄積、睡眠不足によって自律神経のバランスが乱れると、頻繁に脈の乱れや頻脈を感じる事があります。さらに、甲状腺機能亢進症と言った甲状腺機能疾患でも心拍の乱れが現れやすい事がわかっています。

知っておきたい「息切れ」の症状

息切れとは

息切れは、一般的にハアハアと呼吸がしにくい状態の事を言います。運動不足の人は、階段を上がるくらいでも息切れする事がありますし、日頃から運動している人でも激しく運動すると息が上がります。
しかし、体を動かしたわけでもないのに息切れしたり呼吸がしにくいと感じる場合、心臓で行われているポンプ機能や肺で行われているガス交換が正常に機能しなくなっている可能性も考えられます。
単純に呼吸がしにくいと感じる場合は「息切れ」ですが、日常生活に支障が出るほどになると呼吸困難と言います。

考えられる心疾患

心臓が血液を送り出すポンプの役割を十分に果たせなくなる心疾患の代表的なものは心不全です。
心不全を起こした事がない人でも、狭心症や心筋梗塞と診断された事のある人は要注意です。狭心症や心筋梗塞、心肥大などの心疾患のある人は、心臓の機能が低下している状態に置かれています。そのため、生活習慣の改善を行わなかったり急激な運動など、心臓に負担がかかりすぎると狭心症発作や急性心不全に陥る可能性が高いのです。

考えられるその他の疾患

呼吸がしにくいと感じる疾患は、呼吸器系のトラブルが原因で現れる症状でもあります。特に、気管支炎や肺気腫、気管支ぜんそくなどは一般的にもよく知られています。
また、貧血を引き起こす胃潰瘍や子宮筋腫の他、妊娠中なども血液によって運ばれる酸素の量が少なくなるため、全身が常に酸欠状態になり、息切れの症状が表れます。


PLUS