プラス心臓病

血管と血液

血管と血液について
血管,血液

血液は、私たちの体に必要な酸素や栄養を供給しています。そして、心臓から送りだされる血液を全身に運ぶ大切な役割をしているのが血管です。血管は、血液がスムーズに運ばれるように丈夫でしなやかな作りになっていますが、「血管の老化」や「硬化血管」「血管炎」などなにかしら問題が起きてしまうと、高血圧になったり心臓に負担をかけて心不全や心筋梗塞を起こす原因ともなります。
ですから心疾患を防ぐためには、まず、血管とその中を運ばれていく血液について知っておきましょう。


血管とは

構造と役割

血管の壁は、”内膜”・”中膜”(平滑筋)・”外膜”(結合組織)の3層になっています。この構造自体は全ての血管で同じです。
一番内側の内膜は、血液がスムーズに流れるようにツルツルと滑らかになっているのが健康的な状態です。しかし、加齢に伴い血管が老化すると内膜の表面はざらついたり硬い状態に変化していきます。また、老化の他に、肥満等の生活習慣が原因でも血管の壁は血液が通りにくい状態になってしまいます。
また、筋層である中膜に弾力性があるため、変化する血圧や血量にスムーズに対応する事が出来ます。

血管の種類

血管には、それぞれに違う役割を持った「動脈」「静脈」「毛細血管」があります。
動脈は、心室から全身・肺へ血液を送り出す経路です。心臓から押し出される勢いのある血流に耐えられるように血管の壁が分厚くなっているのが特徴です。
静脈は、全身もしくは肺から心臓へ戻される血液の通り道です。血液の流れる勢いは低い為、動脈に比べ血管の壁は薄く弾力性に富んでいます。
毛細血管は、動脈・静脈の先端でとても細く全身の細部にまで行きわたっています。この毛細血管の先端で動脈と静脈はつながっています。

起こりやすいトラブル

内壁がザラついたり傷ついたりしてしまうと、血液に含まれるコレステロールが付着して内腔が狭くなってしまいます。この時に傷ついた部分で炎症が起こり血管腫ができることで血管が詰まってしまい、動脈硬化や狭心症・心筋梗塞といった心臓疾患を引き起こします。
特に詰まりやすいのは心臓へ酸素や栄養を運ぶ為の冠動脈で、ここで起きるトラブルは心筋梗塞と呼ばれますが、脳で起こると脳梗塞となります。
血管の老化だけでなく、心疾患を防ぐには、生活習慣の見直しが最も効果的で大切です。

血液とは

役割り

血液には、酸素や栄養を全身に運び、細胞から発生する老廃物や二酸化炭素を受け取って心臓・肺へ戻すという役割があります。
赤血球によっては運ばれた酸素と栄養は、毛細血管でいったん血漿中に溶け出し血管壁を抜けて外側にある組織や細胞に吸収されます。組織からは不要になった二酸化炭素と老廃物が同じ様に血管の壁を抜けて血漿に溶け込みます。この時二酸化炭素は血漿内で炭酸水素ナトリウムに変化し、運ばれていきます。

赤血球・白血球

血液を赤く見せているのは、ヘモグロビンを含んだ円盤型の赤血球の為です。赤血球は酸素や栄養を全身に運び、不要な老廃物や二酸化炭素を回収しています。
白血球は赤血球より大きくアメーバのような形をしています。主に異物や体に害のあるものに攻撃して排除する働きがあります。白血球には好中球やリンパ球等色々な種類があり、それぞれがどの程度血液中に存在しているかを検査する事で炎症や白血病、アレルギーなどといった疾患の有無がわかります。

動脈血・静脈血

酸素を多く含んだ動脈血は、赤血球内のヘモグロビンが鮮やかな赤い色をしているのが特徴です。心臓からの圧力が高い為、動脈が傷つけられると動脈血は勢いよく吹き出します。そのため、基本的には静脈より体の奥を走っています。


PLUS